気持ちを入れ替えて望んだものの。

上位が拮抗した人気だっただけに

どうなるかと思いましたが難しい1戦でしたね。

纏めます。


東京11R天皇賞(G1)
サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量


6枠 11番ローズキングダム  10着



指数順位は
東京11R 5-11-4-7-18

今回は本指数予想は完敗。

そんな中、メールを整理していて目に付いた。

---以下抜粋--水上学の血統トレジャーハンティング より-----

 秋天ではノーザンテーストの血を持つ馬の好走が05年以降続いている。
 一方、トニービンの血も旧コース時代から好走傾向が強い。
 両方持つ⑫トーセンジョーダンに大きなチャンスが訪れた。


------------------------------------------------------------
結果論ですが、競馬の原点、血統から検討すれば、
今回の結果は妥当だったのかもしれない。

最近少し、指数だけではと思っていたのだが、
血統的な要素も取り込む必要があるのかもしれない。

ただ検討要素が多くなるとなぁ。。。。


11月5日【ユートピアステークス 】

10月30日【天皇賞】

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。